一日の流れ

一日の流れ

1日の過ごし方

7:00
7:30
8:00
順次登園
9:00
11:00
14:00
15:00
17:30
18:00
19:00

7:00 延長保育
7:30 特例保育
保護者から保育者へバトンタッチ!
「お仕事頑張ってね。いってらっしゃい!」と
子どもが保護者をお見送り。

0〜2歳まで一緒の空間で好きな遊びを楽しみます。

あとから登園してくる子どもたちに
「おはよう」と挨拶を交わし、
今日は何をして遊ぼうかなと一日が始まります。

各学年に分かれて過ごし、朝のおやつを食べます。「おいしいね!」と友だちと顔を見合わせてにっこり。

おやつ後は、好きな遊び(ままごと、絵本、ブロック等)やわらべ唄で触れ合って遊びます。
体の中心部から末端へと発達していくため、ぺんぎん組は主に粗大運動(サーキット、固定遊具や散歩等)、探索遊び(色々な物を見たり触れたり)等を楽しんでいます。
こあら組は、手作り玩具で手指を使って遊んだり、リトミック遊びで表現遊び等を楽しんでいます。

お昼ご飯の時間です

家では苦手な物も、みんなで一緒に食べるとおいしく食べることができるから、あら不思議!
食べたら着替えをしてお昼寝です。

コーナーで季節感がある物を工夫して作ったり、友達と一緒に色々な物になりきってごっこ遊び等を楽しんでいます。

待ちに待ったおやつタイム!!
「今日のおやつは何かな?」
一番人気は手作りケーキ。おかわりもすぐになくなってしまいます。

その後は室内外で思い思いの遊びをして過ごします。

友達や保護者と「さようなら、また明日」と順次降園します。

人数によって異年齢で過ごし、年下の子どもに絵本を読んであげたり、一緒に遊んであげたりと、お兄さんお姉さんぶりを発揮しています。

  • 特例保育
  • 延長保育 延長保育の子どもたちは、おにぎりやパン等の補食を食べます。
image image image image image image image image image